辻本清美への批判

辻本清美議員を応援する人もいますが批判する人も少なくありません。
これは辻本清美議員とか、国会議員ならだれでもおんなじでしょう。
それでは辻本清美議員の場合は如何なる点を批判されているのでしょうか。
まるで、彼女は人間をリベラルと考えています。
こういうリベラルは直訳すると「自由」という意味ですが、これまでの慣習に縛られることなく、国をよくするためであれば積極的に何でもやっていこうとする考え方だ。
聞こえは良いのですが、日本においては、「日本政府の力を弱め、また、天皇を廃止し、個人が自由に上る社会」ということになります。
「日本政府の力を弱め、また、天皇を廃止始める」という部分の考えについては、お隣の北朝鮮や中国共産党から見れば、待ち望むところです。
天皇の下で日本人が一致団結することを、中国、韓国、北朝鮮は忌み嫌う傾向にあります。
辻元清美議員はリベラル志向。すなわち、反日(反政府)、反天皇、親中、親韓、親北に寄り添うこういうリベラル志向が批判されて、他の党から入党を拒否されたこともあります。
小池百合子東京都知事(みどりの党)による、「排除」問題などです。
しかし、人の考え方はそれぞれですから、日本の国会議員であっても、反日、親韓となることもある様です。
反日、親韓、親北の議員がいることすら、日本人が認識していない場合も多々ある様です。
辻本清美議員はとりわけ親韓の志向が強い政治家だ。
ですので、天皇や、長い日本の歴史を大切にする保守系の議員や国民からさほど好まれてはいない様です。
そんな中、外人献金問題や関西生コン事件が注目されました。
これからの時代を誰が率いていくのかを考えた場合、如何なる人物が理想でしょうか。
辻本清美議員は野党側ですが、その積極姿勢は国家地中継で見ることができます。
政治に関心を持っておる人なら辻本清美議員を女性議員としての枠にとらわれずに、幅広い視点から評価やるでしょう。
現代の皆は政治に関心がありませんが、自分たちの生活の仕組みを作っているのが政治ですことを認識しなければなりません。
その上で批判やるところは一概に批判しなければなりません。
ただ、そのためには多くの情報を入手しなければなりません。
特定の新聞記事だけで判断してはいけないのです。
辻本清美議員の関西生コン事件は一部のマスコミだけが取り上げてあり、その他は全くニュースになっていません。
その理由を考えてみることは有意義でしょう。
政治を身近に考えるためには、自分も考えなければなりません。
受け取ることだけを期待するのではなく、自分が何をできるのかを考えてみてはどうでしょうか。
人を批判することは簡単ですが、自分が批判されないような行動を盗ることが大切です。
辻本清美議員について調べてみて下さい。ストラッシュ梅田