超有名な絵画にはどのようなものがいる?(2)

世界的に超有名な絵画、常識としてわかるべき絵画ってありますよね。あなたはどの絵が好きでしょうか。いくつか挙げてみましょう。

●ピカソのゲルニカ。スペインの画家、ピカソが1937年に描いた、内戦による人々の悲劇を描いた作品だ。爆撃を受けた一般民衆の考え込む場面が描かれていて、心が痛くなるような絵だ。ピカソはスペインの人民が自由になるまでは、こういう作品はニューヨークから表すことを希望しなかったのですが、フランコの独裁政権が終わった後、極めてたってからスペインに絵は舞い戻ることになりました。現在、マドリッドのソフィア王妃芸術センターに収蔵されています。

●ムンクの「叫び」。1893年にノルウェーの画家、ムンクが描き、そのあまりにもインパクトのある絵で、誰もが知っている絵画の1つと言えるでしょう。パロディ化されることも多い絵だ。「愛」と「死」と「不安」をテーマとした作品で、ムンクの心の叫びがせまって生じる絵だ。オスロ国立美術館に収蔵されています。

●レンブラントの「夜警」。1642年に、オランダの画家、レンブラントが市民による自警団の模様を描いてある。レンブラントの絵を代表する、傑作と言われている絵だ。学校の授業もそれほど搾り取りられることが多いようです。片一方から力強いサンシャインが差し込み有力人物を浮かび上がらせてある。明暗法というものを用いて描いてあり、絵がドラマチックになっています。

●フェルメールの「真珠の耳飾の少女」。1665年に描かれた、オランダの画家、フェルメールの代表作の1つだ。青いターバンを巻いた素晴らしい少女がこちらの方を見ている絵で、まったく神秘的な雰囲気を有する少女になっています。そのためか「オランダのモナリザ」とも言われています。生前、フェルメールは評価されていなかったのですが、今現在のこういう絵は、もしもたとえ取引きされるとしたら、150億円になるとも言われています。

●ゴッホの「星月夜」。オランダの画家、ゴッホの代表作の1つと言われています。ゴッホというとひまわりの絵を想う人も多いかもしれませんが、こういう「星月夜」は世界的にそれ以上に有名な絵だ。ゴッホが精神病院に入院している時に描かれたものです。入院中に窓から思える景色が基盤になっていますが、実際には無い風景だ。過去の思い出や様々な感情が入り混じって作成された絵のようです。MOMAニューヨーク近代美術館に所蔵されています。http://xn--n8jtcugws727n.xyz/