肌年齢を引き下げるセラミドって、如何なるものですか?

セラミドってこの頃思い切り聞きますよね。
化粧水においていたり、肌に可愛いに関してしか知らない、というほうが多いかもしれません。
セラミドというのは、元から私たちの肌におけるものなのです。

皮膚は表皮と真皮に分かれていて、表皮の一番上にあるのが角質層だ。
こういう角質層があたかも私たちが触れておる肌ということになります。
ですが、こういう角質層、0.02ミリの薄さなのに、10から20層くらいの層が折り重なっていらっしゃる。
その層迄を埋めているのが角質細胞間脂質と呼ばれているものです。
これはみっちりレンガとレンガ迄を埋めているセメントものの役目があります。
角質層の中にある水分を保っているのは、皮脂2パーセント、天然保湿因子18パーセント、そしてこういう角質細胞間脂質8割によって保たれているのです。

その角質細胞間脂質の4割がセラミドによって構成されているのです。
こういうセラミドの保湿力はかなり良い結果知られています。
セラミドはういういしいうちは完璧量を持ち、肌を若く潤いのある肌に保っていくことができます。
ですが、年齢とともにセラミドは減少しますので、肌は潤いを失ってしまう。
また、年齢と関係なく、洗顔のし過ぎによってもセラミドは失われてしまうのです。
ですので、肌の潤いはこういうセラミドに激しく依存していると言ってもいいかもしれません。

こういうセラミドの減少をどうにか食い止めたいものですよね。
それにはどうしたら良いのでしょうか。
とにかく、洗顔の時に肌をごしごし洗ったりするのは、絶対にやめましょう。
ごしごし洗うと、角質層が傷つき、セラミドも一緒に流されてしまうからだ。
もったいないですよね。

食生活にも気をつけましょう。
バランスの良い食事が大切ですが、セラミドを数多く用いる食材を選ぶようにしましょう。
一際セラミドが多く含まれているものは、こんにゃく、しらたき、小豆、ひじき、わかめ等ですが、その中でもダントツなのがこんにゃくなのです。
また、玉ねぎ、カリフラワー、じゃがいも、大豆、白菜、キャベツは血液の流れを促進して、セラミドが肌に訪れるのを助けてくれます。

セラミド入りの化粧水や、セラミドのサプリも市販されていますから、使ってみるのもいいかもしれませんね。https://www.babykadoboetiek.nl/