凍結防止剤の効果とタイヤ

凍結防止剤はタイヤの表面にスプレーするだけでタイヤチェーンの代わりを通じてもらえる優れものです。
女性でも簡単にスプレーできますから、雪道を車で行く時折持っておいた方がいいでしょう。
勿論、冬用タイヤやタイヤチェーンを並べるのが苦にならない人なら、凍結防止剤を使う必要はありません。
ただ、1年のうちにどれくらいの期間、雪道を駆けるかによって判断した方がいいでしょう。
雪がなければタイヤチェーンやスタッドレスタイヤはムダし、逆に路面やタイヤにダメージを与えてしまう。
そのためスプレーが注目されているのでしょう。
ここで気になるのは、凍結防止剤の効果だ。
タイヤチェーンと同じレベルの効果があるのでしょうか。
実に使用した人の感想を読んでみると、たいして効果は期待できるようです。
ただ、問題は効果の持続性だ。
簡単にスプレーすればいいだけですから、その分簡単に効果がなくなります。
具体的にどれくらいの距離を滑ることができるかは、路面や雪の状態によって変わりますから、明確な数字は出ないでしょう。
自分で使って下さい。
初めて使った経験があれば、車内に常備しておくべきかどうか頷けるでしょう。
しかし、奥深い雪の場合はスプレーだけでは不十分だ。
大事故になってしまう恐れがありますから、安全面を考えて使用しなければなりません。
自分が走る道路がどの程度凍結するかを考えて下さい。
1年に数日だけのためにスタッドレスタイヤは惜しいでしょうし、タイヤチェーンも面倒です。
そんなふうに考えるとスプレーは利用価値があります。
インターネットのメールオーダーサイトで販売されている商品にはいくつかの種類がありますから、その違いも確認しておくといいでしょう。
至極使用しない年もあるですから、スプレーの使用期限もチェックしておいてください。
現に使おうとした場合期限切れになっていると、期待した効果が得られません。
雪がごつくなって凍結した状態は一番スリップしやすくなっています。
スプレーに含まれる成分が氷を溶かしてくれますから、タイヤと路面の摩擦でブレーキが効きます。
雪道では必要以上のスピードは出さずに安全運転をください。引用