サーマクール

スマスセラと同じような超音波RFを照射するため顔のアップができる方法に「サーマクール」という方法があります。
超音波RFは電子エネルギーでレーザーなどに生きる光エネルギーのように皮膚の色素へ吸収させて仕舞うことなく肌の深部へエネルギーが届けられます。
RFは電気メスにも使われていて安泰は確立しているものです。
サーマクールは、高周波のラジオ波を熱伝導で皮膚下の2mm〜4mmのところへ熱エネルギーを送り、コラーゲンを活性化させるためたるみ解消、アップ効果を願うという治療方法だ。
美容大国のアメリカで開発された治療方法で今では世界80ヶ国というクリニックで行われてある。
先程のスマスセラと似ている治療方法ですが、両者の違いを比較してみます。

スマスセラでは、皮膚の真皮層の奥、表情筋の間もなく手前のSMAS筋膜まで超音波を送ります。
サーマクールは、更に皮膚表面の表皮の次に生じる真皮層のあたりへ超音波を送り届けます。
そのためスマスセラは筋肉へ呼び掛けるため引き締め効果が高く一層顔の小じわ解消、ほうれい線解消にも効果を発揮します。
サーマクールは皮膚へ勧めるため引き締め効果も高いのですがどんどん毛穴を縮小して肌のハリツヤを良くする効果を発揮します。
手術後の腫れなどはともほとんどありません。
アップ効果で比較すると、スマスセラの方が少し効果は高くなります。
一方ハリツヤ効果で比較すると、サーマクールの方が少し効果は高くなります。
ともアップ効果も、ハリツヤ効果もありますが、効果の強さの度合いが違うということです。
そのため両方の施術を併用して立ち向かうという治療方法をとっているクリニックもあります。

また長期的に肌の引き締め効果を持続できる効果の高いチップも採用しています。
サーマクールの料金は、使用するチップによっても変わってきますが、料金は11万円〜受けられます。
ちなみにスマスセラとサーマクールの両方を行う場合には、こちらの料金は約22万円〜となっています。
個人差はありますが、治療後3ヶ月後くらいに最も良い効果が出て、半年間くらい効果は持続します。
そのため治療間隔は半年くらいが目安となっています。www.sliderules.org.uk