「13の理由」はセンセーショナル

こういう海外ドラマは極普通の何処にでもおるような美人女学生(ハンナベーカー)が自殺という究極の選択を介し自分に関わった人々との相隣関係をカセットテープにて赤裸々に暴露し将来大きな爪痕をインナーに問い掛け追い詰めるという遺書テープを題材にしたドラマで、これが放送わたるやいなや全米の若者を中心にセンセーショナルな話題を巻き起こした学園ドラマでもあった。

それは現代社会で普及するSNSも一際問題となって要る虐め、屈辱、そして裏切り、失望などの想いをカセットテープの肉声に変え当たるという独自の手段によって、一層リアルに再現する様は斬新で物語自体も日本よりもレベルアップしたアメリカ社会ならではのオープンな展開によって掘り下げられている。

そして何よりもこりドラマの展開の妙は主人公はもはや他界しこの世に無はずなのに、今もどこかで生き続け自らの死に至った責任問題もを追及し追い詰め、せっぱ詰まる人々を嘲笑っているかの如く後悔と葛藤、そして言い訳、落胆へとスリリングに追い詰め展開する様は随分固唾を飲んで確かめるにはピッタリのドラマではなかろうか。

そんな事でタイトルにもあるように13という自殺に至った要因を各キャラクターにスポットを当てて展開されるストーリーは人の醜さ、空しさ、そして孤独さが痛烈に視聴者の探究心を煽ると共に、何で誰かが手を差し伸べてこのような事態を回避できなかったのか?何故この形での復讐と釈明を選択し死ななければならなかったのか?そして死んでしまった彼女には二度と確認出来る事なく交差する様々な憶測と事実を介し読み解く模様はある意味恐ろしささえ感じてしまいます。

そして、そのテープの宛先の自らあり唯一彼女の死に対し連帯責任性から逸れるとうに1人の主人公クレイの視点が見事に視聴者側の想いに寄り添い想像を掻き立て夢中にさせてもらえる様は特記物でそこがおすすめな理由なのですが、実はいくぶん気になった事は彼女の自殺での一番の戦犯はこういう��13の理由�≠ノは出て来ない一際身近な存在だったのではないでしょうか?すなわち問題多き彼女の両親そのものの存在が彼女が未来を通じる力を奪った決定的な要因であり、そこに一番の問題があったのではないかと思ってしまいました。

その理由はnetflixで公開されているシーズン2でも随所に現れますので是非注目して見てください。HMRクリニックの予約!脱毛料金がお得になるキャンペーンを紹介!